千歳BBS会 会則


平成15年6月22日 改正

千歳BBS


(名称)

 第1

               本会は「千歳BBS会」と称し、事務局を会長宅に置く。

(目的)

 第2

本会はBBS運動の推進を通して非行少年のいない、そして犯罪のない明るい社会の建設に寄与するとともに、この運動を通して会員の資質向上を図ることを目的とする。

(組織)

 第3

               本会運営の円滑化を図るため、次のグループをもって組織する。

(1)  総務・広報グループ

(2)  事業・研修グループ

(事業)

 第4

               本会は目的を達成するために次の事業を行う。

(1)  BBS運動基本原則に基づく、実践活動の推進。

(2)  BBS運動の普及宣伝。

(3)  青少年問題に関する調査研究。

(4)  諸関係機関・団体及び青少年団体との連絡提携。

(5)  その他BBS運動を推進するに必要な事項。

(会員)

5

1、       本会の正会員は原則として、18歳以上の千歳市及び近隣地域に在住する青年で、この運動に賛同し、本会活動の推進力に成り得る者とする。但し、入会後3ヶ月間または18歳未満の者は準会員として取り扱う。

2、       会員は本会で定められた一定の会費を納入しなければならない。但し、準会員はこれを免除される。

(役員)

 第6

               本会に次の役員を置く。

              会長 1人、副会長 2人、理事 若干名、監査 2

(役員の任務)

 第7

               役員の任務は次のとおりとする。

(1)  会長は本会を代表し、会務を総括する。

(2)  副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその任務を代行する。

(3)  理事は、理事会を組織し、会則の定め及び総会の議決に基づき、会務を執行する。

(4)      監査は本会の会計等を監査し、総会において報告しなければならない。

(役員の選出及び任期)

 第8

役員は総会において、正会員の中から選出し、その任期は1年とし再任を妨げない。

 第9

役員に欠員が生じた時は、理事会で補充し、その任期は前任者の残任期間とする。但し、会務に支障がないと認めた場合は補充せず、他の役員で兼務する事ができる。

(三役)

10

1、       本会に顧問、相談役、参与の三役を置く。

2、       三役は、会長が委嘱し、諸問題について助言、協力を行う。

(総会)

 第11

3、       会は最高議決機関であり、年1回会長が召集する。但し、会長が必要と認めた場合、臨時総会を開催することができる。

4、       総会は3分の2以上の出席者を以って成立し、議事は出席者の過半数を以って決定する。

可否同数の場合は議長がこれを決定する。

(理事会)

 第12

理事会は総会に次ぐ議決機関であり、会長、副会長、理事をもって構成され、会長が必要と認めた場合に開催する。

(例会)

 第13

例会は第4条の事業を執行する機関であり、それぞれの活動を遂行するために定期的に開催する。

(会計)

 第14

1、      本会の会計年度は毎年41日に始まり翌年331日に終わる。

2、      本会の経費は、会費、助成金及び寄付金、その他の収入をもってあてる。

3、      会費は総会にて定める。

(入退会)

 第15

入退会は、例会または理事会で審議し、会長の承諾により決定する。但し、次に該当する者は、理事会の決定で除名することができる。

(1)   2ヶ月間本会の活動に無断で欠席した者。

(2)   BBS会員として不適当と認められた者。

(3)   会費未納な者。

(会則の改正)

 第16

この会則は、総会において会員の3分の2以上の同意を得た場合には、改正することができる。

(施行細則)

 第17

               この会則の施行について必要な細則は、理事会の議決を経て会長が定める。

(付則)

1、      この会則は、平成15622日より施行する。

2、      千歳市BBS会の会計は、本会に承継されるものとする。

3、      千歳市BBS会会則(昭和5412月制定)は廃止する。


Supported by AMUS IT Support